あなたは土や水の粒。

村に帰って来ると、ビルだった空が山に変わっていた。
山の風が冬枯れの田に吹いて、混じった空気が紺色に輝いている。

年が明けてからいろんなことがある。
観音の森を描いた3枚の油絵と、アトリエに落ちていた木、村のおじさんに貸してもらった農作業用のムシロが東京のデパートのショーウィンドーに飾られた。トークショーにも呼んでもらって、近所の古寺のお札をスケッチブックに挟んで上京、世界中を飛び回ってる人たちに囲まれて村の話をする。

ずっと昔から「絵で故郷を守りたい」と思っていたので、村に残っている中学の同級生たちに声をかけて村民芸術というグループを作った。僕は土人でもあるが風人でもある。彼らは純粋な土人。みんな芸術とは無縁の人たち、そして消えてしまった村を救うことができる人たち。

芸術の輪郭を少し溶かして、物語を土から。



村ノ境ヲ越エテ行ク勇気ヲ持テ
人ノ心ヲ犯サヌヤサシサヲ持テ



d0178250_20285991.jpg

d0178250_20283432.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-22 20:29 | 日記

読売新聞〈伊賀版〉

2013年2月17日(日)の読売新聞〈伊賀版〉にて島ヶ原村民芸術「蜜の木」結成についての記事を掲載していただきました。


d0178250_2039097.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-20 20:40 | 新聞・雑誌

中日新聞〈三重版〉

2013年2月17日の中日新聞〈三重版〉で伊賀での制作活動と「KISS THE HEART#2」についての記事を掲載していただきました。


d0178250_20362089.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-20 20:36 | 新聞・雑誌

KISS THE HEART#2

Isetan Mitsukoshi department presents Art and Charity programme
"KISS THE HEART #2"

2013.1.23wed start
Isetan Shinjuku and Nihombashi Mitsukoshi and Ginza Mitsukoshi

http://kisstheheart.jp/archives/690



「私はもう帰って来ないけど、あなたは土や水の粒でいてほしい」
「そうすれば私たちはずっと一緒にいられる」
遠い父や母は山の神秘を知っていた。
伊賀の果てで生まれて死んでまた生まれて。私もまた村と森の境界にいる。
絵は田の人の祈りで木の蜜の匂いで。絵は土色の獣で水際の白い星である。


“I can´t never come back to you. And you should be like soils and water drops“
“Then you can assimilate with me permanently“
My ancestors knew secret of forest well.
They lived and died and lived in Iga area.
And i am on the border of village and forest too.
The painting is prayer of farmers and smell of sap.
The painting is ocherous animal and white stars on waterside.


d0178250_170317.jpg
© Yasutake Iwana / KISS THE HEART 2013
Photo by Takashi Kawashima
[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-20 00:00 | 展覧会・イベント

展覧会のお知らせ「KISS THE HEART #2」

(株)三越伊勢丹が主催するアートプロジェクト「KISS THE HEART #2」に参加いたします。
私は伊勢丹新宿のショーウィンドウにて新作の油彩画とインスタレーションを展示いたします。
ご高覧のほどどうぞよろしくお願いいたします。


d0178250_12301140.jpg



「KISS THE HEART #2」
会場:伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越
2013年1月23日(水)各店舗ショーウィンドウにて展示スタート
新宿: →2.18 | mon | 日本橋: →2.25 | mon | 銀座: →2.24 | sun |

参加アーティスト:
新宿 : 天野祐子/ドナ/石川直樹/岩名泰岳/片山真理/川島崇志/金光男/長野訓子/手塚愛子/山縣良和/横山裕一
日本橋:井上康子/杉田陽平/升谷真木子/ナン・ヒョジュン/奥村昂子/ワン・シャン
銀座 : 細倉真弓/鬼頭健吾/近藤亜樹/小笹彰子
ゲストアーティスト:伊藤桂司

主催:(株)三越伊勢丹
メディアパートナー:美術手帖
協賛:光村印刷株式会社
協力:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学
アルファロメオ
アートディレクション・ロゴデザイン:高岡一弥
プロジェクトディレクション:TOKYO FRONTLINE事務局
エディトリアルディレクション:後藤繁雄・後藤桜子

公式HP(展示作品等の詳細は会期中に記載されます)
http://kisstheheart.jp/archives/574


(以下公式HPから引用)
KISS THE HEARTは、(株)三越伊勢丹が主催する、アーティストとともにアートの力で継続的な東日本の復興支援を行う社会貢献事業です。TOKYO FRONTLINEによるプロデュースのもと、伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越のショーウインドーを発表の場とし、約1カ月の間若手アーティストによる作品展示を行います。2年目となる2013年のテーマは「アートの“自然力”を復興する」。根源的な力やローカルなものの美しさ、生命力を感じるアート作品を展示します。
[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-19 00:00 | 展覧会・イベント

HERS 3月号

現在発売中の雑誌HERS 3月号でアートアドバイザーの奥村くみさんに作品を紹介していただいております。

お洒落なマダムたちのファッション誌に「土と赤い花」という絵が出てきます。
この絵はドイツに留学してた時、ヨーロッパ絵画の壁にぶつかりながら二年目に差しかかった頃にできた今の作品の原点的な絵でもあります。日本で何度か展示されてからずっとアトリエに眠っていた作品です。

書店でで見かけられましたら是非!

http://hers-web.jp/


d0178250_1127017.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-13 11:28 | 新聞・雑誌

朝日新聞〈伊賀版〉

2013年2月3日(日)の朝日新聞(伊賀版)で(株)三越伊勢丹主催のアートプロジェクト「KISS THE HEART #2」に展示中の作品についての記事を記載していただきました。

記事の内容はデジタル版でもご覧いただけます。
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001302040004


d0178250_203192.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-09 20:32 | 新聞・雑誌

島ヶ原村民芸術「蜜の木」

ドイツにいた頃から密かに構想していた「消えた村に残された地元の若者たちが創造力で故郷の価値を再生させる」野のクリエティブ集団が今年1月に結成されました。

現代の土人たちの願いが「村」を舞台に、私個人のアート領域も越えて展開していければと思います。
皆様の応援のほどどうかよろしくお願いいたします。


岩名泰岳(美術家/島ヶ原村民芸術「蜜の木」代表)



島ヶ原村民芸術「蜜の木」
HP http://shimagaharaart.onmitsu.jp



d0178250_10172615.jpg
2013年1月15日事務所前にて


d0178250_10141379.jpg
©Yasutake Iwana / Shimagaharaart 2013
[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-02-01 10:20 | 告知

薬と毒と水と星

われの父母は死んでもはや土に化った。
われも、生きながら土になれ。
土になれば、亡き父母の世界と同位、
悲しゅうなるはずもない。

『梟の城』司馬遼太郎



1月8日
東京での展示のため、村の親戚から素材を貸していただく。
畑や田は凍っている。山合に小さな炭焼き小屋があった。
白いカビの生えた干した木の実が並んでいる。

伊賀は農耕に不向きな土地である。
古くは山の民と里の民がいた。
山の民たちは都や里を離れ厳しい環境に生き、
やがて森の神秘を知る。暗く冷たい掟でもある。
薬と毒と水と星。




d0178250_18264323.jpg


d0178250_1826452.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2013-01-12 19:00 | 絵画・詩

一番美しい絵は、寝床のなかでパイプをくゆらしながら夢見て、決して実現しない絵だ。

上の言葉はフィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh/1853-1890)によるものである。


貧困(die Armut)
理想郷(das Utopia)
過激派(die Radikalen)
暴力(die Gewalt)


知性と野生の両輪を白い花びらのように回してゆけるだろうか。
宇宙のやさしさを感知することが大切で、だから私は緑の葉も赤い木の実も信じる。
あるひとつの絵はやがて血や肉を越えて空を目指す。

「私ハ/私タチハ 世界ノ孤独ヲ変換スル事ガデキルノカ?」
「タッタ0.7 Mpc」
(1Mpc=326万光年)

井戸掘りの農夫は泣いた。
暗い水面に無限の星屑が反射する。



d0178250_1533864.jpg

d0178250_15162077.jpg

[PR]
# by yasutakeiwana | 2012-12-29 15:17 | 絵画・詩