<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポストマンのアトリエで。

5月26日、「郵便夫(ポストマン)と森の星」が終わった。
短い開催期間だったのにも関わらず、2日間で300人のオーディエンスが村はずれの小さなアトリエに詰めかけた。


ちょうど1年前にドイツから帰国して地元でアトリエを探していた僕に、中学の同級生のお父さんが村はずれで廃墟になっているアトリエの存在を教えてくれた。お父さんの同級生で村の郵便配達をしていた河口重雄さんという方が生前に自分で建てたアトリエらしい。


アトリエには「アトリエ河口 絵好住(エコノミークラス)」と書かれていた。
周囲は草に覆われてゴミだらけ。中に入ったとき、埃まみれの絵筆と真っ白のキャンバスが残されていた。それを見て、僕はここで絵が描きたいと思った。家族の方にお願いしてアトリエを貸していただいた。

昨年の夏は、とにかくアトリエの掃除。
村の友人や親戚、隣村の友人まで手伝いに来てくれた。
この頃に、河口さんの遺作を展示した展覧会を企画したいと思うようになった。


今年1月に地元の仲間と「蜜の木」を結成。
第0回となる特別イベントとしてアトリエ河口にスポットを当てた展覧会を開催することになった。
2月に東京でトークショーに呼ばれて、クリエイティブディレクターの後藤繁雄さんにその話をしたら、ゲストで後藤さんが村に来てくれることになった。


後藤さんとの出会いは村の人たちにとって特別なものだったし、お客さんの多くは生前の河口さんと親交のあった地元の人たちだった。今回の展覧会は絵を見る展覧会ではなく、河口さんが建てたアトリエや痕跡が村の人たちの記憶装置として機能したんだなと思うと普段の展覧会にはないものが確かにあった。

涙のある展覧会はそうはない。
「出会い」は人を変え、創造力は共同体そのものも変えて行くはずだ。



「蜜の木」HP http://mitsu-no-ki.digiweb.jp/

d0178250_2040755.jpg
撮影:峰貴大
[PR]
by yasutakeiwana | 2013-05-30 20:50

展覧会のお知らせ「郵便夫(ポストマン)と森の星」

d0178250_2053128.jpg
d0178250_948337.jpg



展覧会
「郵便夫(ポストマン)と森の星」河口重雄×岩名泰岳


アトリエ河口(三重県伊賀市島ヶ原10520 R163バイパス沿)
2013.05.25(土)12:00-17:00
   05.26(日)10:00-16:00
(25日(土)に限りJR島ヶ原駅前より会場まで無料送迎いたします 《島ヶ原駅発》12:15/13:15《アトリエ発》15:45/16:45)


約10年前、三重県阿山郡島ヶ原村の郵便配達員だった河口重雄氏(1943-2004)によって建てられた村はずれのアトリエを会場に、河口氏の遺作と岩名泰岳の新作を展示いたします。

*2013.05.25(土)14:00-15:30
対談:「グローバルアートから村民芸術へ」
後藤繁雄(クリエイティブディレクター/京都造形芸術大学教授)×岩名泰岳(画家/「蜜の木」代表)

主催:島ヶ原村民芸術「蜜の木」

協力:松岡建築、しまがはら郷づくり公社、studio L
協賛:あずま石油、KDS川口電気商会、株式会社川島工業、宏洋配管機器(株)、里の駅 伊賀観光物産協会、島王山 西念寺、しまがはらエビネ園、島ヶ原郵便局、竹沢医院、割烹 千草、TOP'S AUTO 、農事組合法人 百姓工房 伊賀の大地、株式会社福岡醤油店、普門窯、穂積製材所・喫茶軽食「夢の道」、松岡ふとん店、南農園、モモズミ電器商会、ラ・クープ美容室、株式会社レジーナ・アン

島ヶ原村民芸術「蜜の木」ウェブサイト
http://shimagaharaart.onmitsu.jp/dao~ke_yuan_cun_min_yun_shu_mino_mu/The_postman_and_stars_in_the_forest.html

〈お問い合わせ〉
島ヶ原村民芸術「蜜の木」 Shimagaharaart@gmail.com
[PR]
by yasutakeiwana | 2013-05-26 17:00 | 展覧会・イベント

5月11日(土)FMなばり出演

今週土曜日15時からのFMなばり「おでかけ!サタデー」に出演させていただきます。
今月開催される展覧会「郵便夫と森の星」の告知と島ヶ原村民芸術「蜜の木」についてお話させていただきます。

ご視聴どうかよろしくお願いいたします。



2013年5月11日(土)
15:00-15:20
FMなばり「おでかけ!サタデー」
http://www.advanscope.jp/fm/

ナビゲーター 四方香奈
ゲスト 岩名泰岳(画家)
[PR]
by yasutakeiwana | 2013-05-08 21:35 | 告知

村人たちは黄金の森に詩を描く。

5月の初め、
アトリエに着くと、
小学校の同級生たちが集まって整備をしてくれていた。

すべてが嘘になってしまった時代に、
やさしい、土一揆のような風情。


湿地の硝子がきらめいて
蜜の木はいつまでも風にゆれていた。




d0178250_19531930.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2013-05-07 20:01 | 絵画・詩