<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古い幽霊の田んぼ

夏の終わりに旅行者が川に沈んだ。
何故かその年の暮れは木の実が豊作だった。

暗い山の斜面を登って行く。
開けた丘に出ると一面の土には水が染みている。
古い幽霊の田んぼだった。そばに木造の小屋がある。

青白い花びらが水面に浮かんでいる。
月の灯りが森に深い陰を作った。



d0178250_1816494.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-11-17 18:24 | 絵画・詩

猟犬のいる風景

少しアトリエに行けない日がつづいていた。
晴れ間から冷たい灰色の雨が降る朝に久しぶりにやって来た。
国道が見える表の戸を開けて、裏山に面した裏の戸を開けた。

描きさしの油絵は乾いていたし、前からあった村の観音様の白黒写真が壁から落ちていた。
新しい資料を机の上に並べて、絵具や筆が床に散らかったアトリエの整理をはじめる。

ふと表口を見ると、一匹の土色の大きな犬がこちらを見ている。
泥まみれで体には紺色の猟具が巻き付けてある。
真っすぐ裏口を抜けて森の方に消えて行った。

しばらくして山の方から遠吠えが聴こえた。
僕のいる場所からはとても遠い声だった。



d0178250_12563027.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-11-16 12:57 | 絵画・詩

「2つの森 Zwei Wälder」

2つの森 -Zwei Wälder- デュッセルドルフと南山城村

会  場 : AIR南山城村「青い家」
会  期 : 2012年10月7日(日)-10月21日(日)  
出展作家 : 岩名 泰岳・真塩 かおり・牧嶋 武史・レネー・シュピッツァー


d0178250_1916774.jpg
(左)真塩かおり(右)レネー・シュピッツァー

d0178250_1918915.jpg
岩名泰岳

d0178250_19203538.jpg
壁面(上)真塩かおり(下)レネー・シュピッツァー、(立体)レネー・シュピッツァー

d0178250_19164469.jpg
(左)レネー・シュピッツァー(右)牧嶋武史

d0178250_1922362.jpg
(3点)岩名泰岳

d0178250_1915563.jpg
d0178250_19243123.jpg
ドローイングルーム、岩名泰岳、レネー・シュピッツァー、牧嶋武史、真塩かおり
[PR]
by yasutakeiwana | 2012-11-11 19:25 | 展覧会・イベント

「2つの森 Zwei Wälder」

2つの森 -Zwei Wälder- デュッセルドルフと南山城村

会  場 : Gallery Den mym 本館
会  期 : 2012年10月7日(日)-10月21日(日)  
出展作家 : 岩名 泰岳・真塩 かおり・牧嶋 武史・レネー・シュピッツァー


d0178250_2128385.jpg
(左2点)レネー・シュピッツァー(右)岩名泰岳

d0178250_21292929.jpg
(左から1点)牧嶋武史(3点)レネー・シュピッツァー

d0178250_21303925.jpg
真塩かおり

d0178250_21312794.jpg
岩名泰岳

d0178250_21313483.jpg
(左)牧嶋武史(右)レネー・シュピッツァー

d0178250_21283623.jpg
(左)レネー・シュピッツァー(右)牧嶋武史
[PR]
by yasutakeiwana | 2012-11-09 21:33 | 展覧会・イベント

冬枯れ

夕陽のオレンジが水際に反射して冷たい風が山に登った。
雨あがりである。迷子の蟹に出会った。

「昔、君と一緒に暮らしていたのかも知れないし、そうじゃないのかも知れない」と僕は言った。
土まみれの乾いた甲羅に水をかけてあげると琥珀色にピカピカと輝いた。
蟹は草を抜けて川へ帰って行った。

土手は蟹たちの骸だった。



d0178250_2014105.jpg

「冬の土手」
2012 Oil on canvas 50×40cm
©2012 Yasutake Iwana
[PR]
by yasutakeiwana | 2012-11-06 20:22 | 絵画・詩