<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「2つの森」公開制作+インプロビゼーション

2012年10月14日(日)

AIR南山城村で展覧会「2つの森 Zwei Wälder」の関連イベントが開催されました。
南山城村の茶畑や古民家を背景に「suelu」のライブと僕の公開制作、レネー・シュピッツァーの映像作品の上映が行われました。

日本は大変な時代だとよく言われてますが、
田舎に新しい可能性を求めてやって来た人、故郷を守りつづける人、遠くからの旅人、、
素敵な出会いの瞬間は必ずどこかにあるんですね。


d0178250_20492799.jpg


d0178250_2047335.jpg


d0178250_204762.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-25 20:58 | 展覧会・イベント

「2つの森」展覧会終了

京都府相楽郡南山城村で開催された展覧会「2つの森 Zwei Wälder」は本日無事終了いたしました。

不便なアクセスの中、展覧会にお越しいただいたたくさんの皆様、本当にありがとうございました!素敵な出会いの多い展覧会となりました。

今回は僕が初めて企画した展覧会でした。
京都の山奥の古民家に日本とドイツの絵画を展示するという僕のアイディアに賛同いただきご出品いただいたデュッセルドルフ在住のアーティスト、レネー・シュピッツァー氏、真塩かおり氏、牧嶋武史氏はじめ、ギャラリーDen mym様他、各関係者の皆様に心から感謝いたします。


「2つの森」はまた新たな地点に繋がって行くはずです。


2012.10.21

岩名泰岳


d0178250_20525445.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-22 20:53 | 展覧会・イベント

展覧会のお知らせ

2つの森 -Zwei Wälder- デュッセルドルフと南山城村

会  場 : Gallery Den mym 本館・AIR南山城村
会  期 : 2012年10月7日(日)-10月21日(日)  12:00~17:00 初日のみ12:30~
       休廊日:水・木曜日
出展作家 : 岩名 泰岳・真塩 かおり・牧嶋 武史・レネー・シュピッツァー

主  催 : Gallery Den mym
協  賛 : 京都府地域力再生プロジェクト支援事業、南山城村
企  画 : 岩名泰岳
テキスト : 永草次郎

URL: http://galleryden-mym.com/


<Opening Ceremony>
アーティストトーク
日  時 : 10月7(日) 13:00~
会  場 : Gallery Den mym 本館
・レネー・シュピッツァー+岩名泰岳+永草次郎(通訳あり)
■フード
・高尾めし(釜飯、猪汁、郷土漬物 etc...)フード

<Live Event>
公開制作+インプロビゼーション
日  時 : 10月14(日) 13:00~
会  場 : AIR南山城村
・ドローイング/レネー・シュピッツァー+岩名泰岳
・サウンド/ロビン 里
■フード
・森林食堂(カレーライス)


d0178250_22544717.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-21 17:00 | 告知

レネーの帰国と母校の講演会

10月16日(火)

京都の南山城村で開催中の「2つの森 Zwei Wälder」で一緒に展示して約2週間共に山奥で生活したレネー・シュピッツァー氏がドイツに帰国。夕方、一緒に村を出て大阪まで見送りに行った。
僕より年上なのに気まぐれでわがままで人騒がせな奴だったけど、やっぱりいなくなると何だか寂しい。
今回の展覧会で僕は彼から本当にたくさんのことを学んだ気がする。
展示は2人でディスカッションしながら明け方までかかったし、芸術家の生き方とか画家の宿命、制作や展示への徹底したこだわりや世界観の飛躍とか、テレビもネットもないレジデンスハウスで夜中までお酒を飲みながら、アートの話をしたり一緒に映画をみたりした。

彼がドイツに帰る前に言った言葉は「この展覧会は俺たちにとってとてもいいスタートになった」
世界の果てにいても僕たちの思考は宇宙に向かっている。


d0178250_2022389.jpg




10月17日(水)

母校である成安造形大学の学生さんたちが主催する美術部が僕の講演会を企画してくれた。
僕は学生時代、全然真面目な美大生ではなかったので、こうして自分の知らない世代の学生さんに自分の話をするのはとても不思議な感覚だった。

僕が大学に入学した頃、先輩たちの卒業制作展に美術関係者が来て気に入った作品があればスカウトしてその作品を世に出して行った。
やがてその学生たちの多くは小さな泡のように消えていった。そんな状況を遠くから見ていた18才の僕は「日本の美術の世界というのは、海外の流行の絵を写生するしか能のない若者たちと、絵の価値なんて何もわかっていない偉い大人たちが動かしているとても虚しい世界」だと感じていた。
そんな僕もいつの間にか美大を卒業して、京都には残らず、東京にも行かずドイツに行って、「3.11」をきっかけに日本が最もカオスな状態になったときにアートなんて言葉もない伊賀地方の村に帰って来たのだった。
今回京都の山奥で企画した「2つの森」もこれからは芸術家が自らの足で世界に踏み込まなくては何も生まれてこないという気持ちの表れだったと思う。状況は良くないけど、そこで諦めることなくこれからの美大生たちは僕たちが学生時代に思い描いていたアートワールドとはまた別の世界を自由に泳ぐ意志を持っていいはずだ。


d0178250_1423116.jpg

d0178250_1420152.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-19 20:19 | 日記

講演会のご案内

母校の成安造形大学の美術部の皆さんが講演会を企画してくださいました。
お時間ございましたら是非お越し下さい。

会期:10月17日(水)18:30
会場:成安造形大学 本館棟026教室


d0178250_0125644.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-17 00:14 | 告知

Zwei Wälder(2つの森)

僕の本格的な最初の企画となった展覧会「2つの森 Zwei Wälder-デュッセルドルフと南山城村-」が10月7日から京都府相楽郡南山城村のギャラリーDen mymでスタートいたしました。
出品作家はドイツのデュッセルドルフ在住の真塩かおり氏、牧嶋武史氏、レネー・シュピッツァー氏、そして僕。

10月5日の夕方にレネー・シュピッツァー氏がドイツから来日。2人で展覧会場のひとつであるレジデンスハウス「青い家」に滞在して展示の最終調整。今回の展覧会の核である日本の農村の伝統的な建築空間と現代絵画がどのように繋がって行くかを、夜明けまでディスカッションしながら展示。

10月7日のオープニングセレモニーでは地元の方々が作られた郷土料理をごちそうになりながらアーティストトーク。日本のローカルな地点とグローバルなアートシーンを繋ぐようなとても素朴で素敵なオープニングとなりました。

この展覧会は10月21日(日)までです。
http://galleryden-mym.com/



d0178250_0245928.jpg
アーティストトークの一コマ。右から美術評論家の永草次郎氏、岩名泰岳、レネー・シュピッツァー氏、通訳を努めていただいた谷口新氏。
[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-09 09:26 | 展覧会・イベント

10月4日

今日も展示作業。
南山城の方がトラックで作品を取りにアトリエへ。
地元に残っている同級生2人が展示の手伝いをしてくれた。
ドイツから届いた絵と僕の絵と村の風景が繋がりはじめて来た。
オープンは日曜日。明日はレネーが来日。

帰宅すると地元ケーブルテレビで一昨年火事で遭った神社の再建プロジェクトのドキュメンタリーがやっていて、よく見るとうちの祖父が代表だった。
人がどんどん出て行く日本の地方社会で、故郷を守りつづける人は素敵だ。
[PR]
by yasutakeiwana | 2012-10-04 22:14 | 日記