<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

血と土とひかりと顔

d0178250_1958599.jpg


d0178250_1958437.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-30 19:59

スイス2日目 Part2

午後は街の古典絵画の美術館へ。
ドイツの大きな美術館と比べると規模もコレクションも全然物足りないんだけど、ここの受付の人がすごくいい人で僕が何か頼んだわけでもないのに美術館の案内や無料のポストカードを封筒に詰めてくれて、近くの美術館で開催されている展覧会を電話で確認までして教えてくれた。美術館は規模や作品だけじゃないんだなってなんか思えたな。結局この日は時間がなくておばさんが教えてくれた美術館には行けなかったんだけど、次にこの街に来たときには真っ先にそこに行こうと思う。
d0178250_665029.jpg
d0178250_664888.jpg
d0178250_665382.jpg



インテリアの仕事も無事終わり夜はクリスチャンと食事。
「スイス料理を食べよう!」と入った店はチェコ料理の店だったんだけど、、店の雰囲気も素敵で牛肉を煮た料理はすごく美味しかった。クリスチャンは旧東ドイツの出身で経営が専門なので話しているといろいろ面白い。この日もアートとビジネスの話とかいろいろした。
d0178250_615970.jpg


ホテルに戻って、バーでジャズピアノを聴きながらもう一杯。
d0178250_6151378.jpg

d0178250_6151219.jpg

オペラを歌うお客さんたち笑。しかも明らかにみんなプロ。迫力が全然違った。本当に美しい歌声。
d0178250_6151360.jpg



ほんといい旅だったよ。
[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-28 06:30

スイス2日目 Part1

2日目は自由時間が結構もらえたので街をぶらぶら。
d0178250_22302935.jpg

d0178250_2221946.jpg



この街には10以上の美術館や博物館があるらしい。
そのひとつの色彩の美術館。色彩学の文献や顔料、印刷、抽象絵画など色彩と関連したアートや科学、インテリアが一体となったような美術館で結構楽しめた。
d0178250_22223760.jpg
d0178250_22223911.jpg
d0178250_2235159.jpg
d0178250_22351489.jpg





美術館の近くの小さな本屋でスイスの子供の絵本を買った。
「Das Kinderbuch vom Tod」
死についての子供の本。死の観念を子供に教える本みたいだけどすごくおもしろい。
d0178250_2223228.jpg

d0178250_2223199.jpg



つづく。
[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-27 22:39

スイス1日目

友人の仕事の手伝いで3日ほどスイスに行ってきた。
Winterthurって街のインテリアショップで開催されるメッセの手伝い。

朝5時にクリスチャンと車でデュッセルドルフを出て昼前にバーゼルに到着。バーゼルのランプ会社でランプを受け取ってWinterthurに着いたのが3時頃。そんなに大きな街ではないんだけど上品ですごくお洒落な街。インテリアショップも本当にいい感じの店だった。スタッフもいい人で洗練されてる感じがした。普段なかなかインテリア関係の人と出会う機会も少ないんだけど、スイスのインテリアの現場を見れてほんとよかった。夜はクリスチャンと地元の居酒屋でスイス料理のマカロニのグラタンみたいなのとスイスビールをいただいた。


d0178250_23392429.jpg


d0178250_23215584.jpg


d0178250_23215867.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-26 23:49

花と土

森二春ノ歌
白イ山ノ花ノ匂イ
森二夏ノ歌
青イ草ノ死ヌ匂イ
村二秋ノ歌
田ヲ刈ル人ノ匂イ
村二冬ノ歌
白イ霜ノ悲シイ匂イ



d0178250_23114963.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-21 23:18

ゼロの夜

グループ・ゼロという戦後ドイツの有名な前衛芸術グループがあった。
このグループは僕の恩師である元永定正さんの所属していた具体美術協会とも交流があって2006年にデュッセルドルフのクンストパラスト美術館で開催された「ゼロ展」には草間彌生と具体の作家が招待されたらしい。そして知り合いの学芸員さんの紹介でゼロ財団のディレクター、マティアス・ヴィッセール氏と知り合うきっかけをいただいた。マティアス氏はゼロの展覧会の他にも多くの国際的に有名な展覧会の企画をされているらしい。

今日はゼロ財団が主催するアートイベントがデュッセルドルフで開催されてマティアス氏に誘ってもらって僕も見に行ってきた。オットー・ピーネやギュンター・ユッカーなどの歴史的な作家やドイツのセレブたちがいっぱい来ていてやや緊張。イベントが始まる前にマティアス氏とも話す機会があって楽しかった。

開会宣言をするマティアス氏。
d0178250_83625.jpg


グループ・ゼロに関わりのある作家や学者による講演会やディスカッションが夜中2時までつづく。
d0178250_8595263.jpg



夜中にはゼロの作家によるパフォーマンスが行われるそうだが、僕は用事があったので見れずに残念。アートと科学、宇宙の話はなかなか興味深かった。近くのギャラリーでは関連の企画展が開催されていてこちらもなかなか面白かった。
d0178250_8542667.jpg



世界はどっかで繋がっているんだな、と実感できた日だった。
[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-19 09:12

音の夜

今日からうちのアトリエのギャラリーでサウンドアーティストのジャネット・カーディフの個展がはじまった。カーディフの作品は日本でも何度か紹介されていて、僕もこの春に大阪のサントリーミュージアムで観た。あのときの展示は大阪港が見える展示部屋で作品が展示されていて音楽と海の景色が合ってすごくよかった。


夕方からオープニングパーティー。本人が来てなくて残念だったけど作品はやっぱりいい。
d0178250_6485164.jpg


なんとカーディフのスピーカーの後ろの壁に前回僕が作品を掛けていた釘が打ちっぱなしに!!スタッフちゃんとやれよ、って突っ込みたくなったのと同時にちょっとニヤリ笑。
d0178250_6485262.jpg


夜はアトリエのディスコ(うちのアトリエはディスコもあります)で他のアーティストによる映像と音のライヴ。サウンドアートを満喫した夜だった。
d0178250_6485442.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-18 07:00

模様替え

作品がたくさんできたので今日はアトリエの模様替えをしてみた。
来月はお客さんも結構来てくれる、ちょうどよかった。

d0178250_7594545.jpg


d0178250_825435.jpg

d0178250_801262.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-14 08:08

ヨゼフ・ボイス

デュッセルドルフのK20美術館で戦後ドイツを代表する芸術家ヨゼフ・ボイス(1921ー1986)の大規模な回顧展が昨日からはじまっている。今日は小雨の降る中会場へ。

正直、ボイスの作品って頭でっかちなガラクタみたいであまり好きじゃないんだけど、今回展示されていたドローイングやアイディアスケッチには脱帽だった。ほんとすごかったなぁ。そしてボイスは僕の今行ってるアカデミーの卒業生で教授でもあった。日本の大学の2回生の頃、先生に「卒業したらボイスを倒しにドイツ行きます!」って冗談で言ってたけど、今日の展覧会を観てデュセルドルフに来てよかった、ってなんだか思えた。

d0178250_2565754.jpg



夕方からアトリエで制作。
不思議と今日は大変調子がよかった。
d0178250_25703.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-13 03:00

ドルトムント

今日はアカデミーの友達が参加している展覧会を観にドルトムントという街に行って来た。

展覧会場は古い炭坑の跡地。「天空の城ラピュタ」を思い出した。
d0178250_5402162.jpg


タカさんの作品、壁の絵はサトシくんの作品。
d0178250_5404591.jpg


ナターシャの作品。
d0178250_5403989.jpg



夜はソウヤくんと市内をブラブラ。
黄色い服の人たちは地元のサッカーチーム「ボルシア・ドルトムント」のサポーター。今日は試合に勝ったみたいで街中賑やかだった。
d0178250_5405175.jpg



ドルトムントはビールも有名。カフェで地ビールとミートボールを頼んで夕食。
d0178250_5404732.jpg



いい街だったな。ドルトムント。
d0178250_5543920.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2010-09-12 05:58