<< 現代詩手帖7月号 墓場の桜 >>

【展覧会のご案内】蜜ノ木-祭の後の異人たち-

昨年から故郷で村の若者たちに協力していただきながら展開している島ヶ原村民芸術「蜜の木」主催の展覧会「蜜ノ木 -祭の後の異人たち-」を開催いたします。

今回のテーマは〈村祭〉と〈来訪者〉です。
「蜜の木」で活動している村の若者たちが制作した作品(絵画、写真、数式、看板)とドイツを拠点に活動するペインターのレネー・シュピッツァーのドローイング、ドイツ、マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク大学院で文化人類学を研究するマリウス・パルツのテキストやドローイングも展示されます。

5月17日には映像作家の宮永亮氏をゲストにお迎えしてギャラリートークを開催いたします。皆様ぜひお越しください。



展覧会 「蜜ノ木 -祭の後の異人たち-」
日時 2014年5月17 日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
時間 10:00-16:00(17日のみ17:00まで)
会場 旧アトリエ河口「絵好住(エコノミークラス)」
   〒519-1711 三重県伊賀市島ヶ原10520
入場料 無料

出品作家
東豊崇(絵画)
岩佐亮明(数学)
岩名泰岳(絵画)
峰貴大(写真)
René Spitzer(絵画)
Marius Palz(文化人類学)

● 関連イベント
5月17日(土)
13:00- 軽食「front」
*南山城村のイタリアンカフェの出張料理
14:00-15:30 ギャラリートーク「旅人と村人の風景」
*ゲスト:宮永亮(映像作家)×岩名泰岳(画家/「蜜の木」代表)

詳細 http://mitsu-no-ki.digiweb.jp/top.html#topics



d0178250_2123128.jpg
d0178250_2125115.jpg

[PR]
by yasutakeiwana | 2014-05-25 20:59 | 展覧会・イベント
<< 現代詩手帖7月号 墓場の桜 >>